オークス(2018年) レース傾向

オークスのレース傾向を紹介します。
不人気の企画ではありますけど、
オークスがあるので復活させます。
今回も本ブログのコンセプトである、
「根拠」のあるデータのみ書いていきます。


差し馬が有利です!
これはもう説明する必要はありませんね。
東京は直線が長いうえにダラダラ坂が続くので、
後方待機の馬が届くコースです。

また、初距離の馬が多く馬群がバラけるので、
差し馬は不利を受けにくいんですね。
過去10年で差し、追い込み馬が8勝で、
逃げ馬は勝ったことがありません。

差し>>>追い込み>先行>逃げ
といった感じです。


内枠が有利です!
上述のようにオークスは初距離の馬が多く、
出来れば道中はスタミナを温存したいんですね。
距離ロスのないインでじっくりレースを進めて、
直線で末脚を繰り出すのが理想です。

過去10年で2枠の馬が最多の3勝をあげています。
ただ、差し馬は外枠でも下げればインに入れるので、
ノビノビ走れる外枠の好走例が目立ちます。



桜花賞組が強いです!
これは阪神コースの改修が大きいですね。
桜花賞は阪神外回りコースで開催されて、
直線が長いうえに急坂があります。

実力が最も求められる舞台でして、
フロックが起きにくくなっているんですね。

当然、スタミナも必要です。
桜花賞を負けた組としましては、
直線で脚を余した馬は要注意となってきます。


ディープ産駒が強いです!
直線が長い舞台では独壇場ですね。
決め手のあるディープ産駒が最も力を出しやすく、
今の軽い馬場というのもマッチしています。

昨年は強いディープ産駒不在で振るいませんでしたが、
その前の5年間でなんと3勝をディープ産駒があげています。


1800~2000mの実績が必要です!
これは距離適性の裏付けが必須ということです。
過去10年の勝ち馬のほとんどが該当しています。
ただし、マイルまでしか走っていない馬もいますので、
その場合、マイルの勝ち鞍は必要不可欠です。






「孤狼の血」という映画を観てきました。
とにかく、伝えたいことは一つで、
役所広司さんは天才です!!
任侠映画に興味があるという方がいらっしゃいましたら、
彼の演技だけでも観る価値はありますね。
ただし、かなりグロいシーンも多いですので、
そういうのが苦手な方にはおススメしません。




競馬ランキング

↑参考になった方はお手数ですが、クリックしていただけると、
とても励みになります。



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

秘密コメントをくださった方へ

リクエストありがとうございます🙇
おっしゃる通り、一週前に本追い切りを消化する厩舎が多いです。
本ブログをご覧いただいていることが伝わり、本当に嬉しいです😊
リクエストしていただきますと、大変ありがたいです。
明日、一週前調教ジャッジの更新にさせていただきます。
プロフィール

ロイヤル

Author:ロイヤル
競馬予想がメインです。
しかし、サラブレッドはギャンブルの道具ではなく、
競馬は馬の運動会だと思っています。
予想だけではなく、
好きなお馬さんのエピソードなども書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
QRコード
QR
PR
競馬予想のレジまぐ
リンク
Twitter
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
58位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム