お知らせ

昨日は東スポ杯2歳Sの調教ジャッジの予定でしたが、
急遽、こちらのブログは更新中止としました。

そういう時に限って1、3着馬に最高ジャッジを付けていて、
更新しておけば良かったと本当に後悔しました(笑)

ここからは真面目な話になります。
更新しなかった理由としましては、
ブログを書いている側からしますと、
非常に残念なことが続いていたから
です。
詳しくは書くことが出来ませんが、
知人からは一時的な閉鎖も進言されたほどです。
現在、パソコンに詳しい友達に対応をお願いしています。

その対策がしっかりと完了しましたら、
本ブログを復活する予定です。


読者の方に本当に恵まれていまして、
皆様のありがたいコメントに励まされてきました。

それはおそらく皆様の想像以上に大きなもので、
何度も管理人は救われてきました。
ですから、しっかり恩返ししたいと常に思っていました。

本ブログを楽しみにされている方には申し訳ございませんが、
しばらく休止させていただきます。


有料ブログの紹介は今回の問題の解決になりませんので、
控えさせていただきたいと思います。


ブログ再開の際は、
Twitterでの報告となります。

エリザベス女王杯(2018年) 本命馬

昨年のエリザベス女王杯。
12番人気のマキシマムドパリから入りました。
直線では思わず大声を上げる大善戦で、
馬券圏外ながら4着に好走しました。


その根拠は非常にシンプルなもので、
インが圧倒的に有利な馬場状態ということでした。
実際に1着馬のモズカッチャンもインを突き、
上位馬はその恩恵を受けたことが大きかったですね。


ここで狙いたいのが外を通った組です。
もちろん、大惨敗した馬は厳しいですが、
伸びない馬場を通る形になりながら、
しっかり自分の脚を使った馬に注目します。


今年、本命に推奨した馬は、
リスグラシューです!!

前走の府中牝馬Sでも本命にしました。
今秋からモレイラJに乗り替わると聞いた時から、
実はエリ女の本命に考えていた馬です。


それでは昨年のレースを振り返ってみましょう。
↓赤帽の⑥の馬です。





直線に注目してください。
一度はインを突こうとするも、
前が空かずに外に持ち出していますよね。

そこから再加速して伸びてきていますが、
残り200m付近で再度詰まってしまいました。
スローからの決め手勝負となってしまったので、
二度の不利はあまりにも痛過ぎました。

さらにここで完全に詰まってしまったことから、
伸びない外を通る形となってしまいました。
不利があったうえに伸びないところを通ったわけですよ。
普通なら大惨敗を覚悟しなくてはいけません。
しかしながら、この時のリスグラシュー。
なんとメンバー最速の上がりを使っているんです!
最も強い競馬をしたと思いませんか。

そして今年の臨戦過程も良いですよね。
昨年はここが3戦目という過酷なものでした。
しかも前走は重馬場の秋華賞でしたので、
小柄な3歳牝馬には厳しいローテーションでした。
既にお釣りがない状態だったと思います。
しかし、今年はたたいて2戦目ということで、
ここを目標にしっかり仕上げてきているんですよね。

実際に調教後の馬体重は470キロを超えていて、
昨年より明らかに体質強化に成功しています。

今の時計の掛かる馬場も良いですね。
この馬は馬場が悪い時(全部G1)は全て連対していて、
崩れた2回はどちらも高速馬場でした。

明らかにパワーが必要な馬場状態を得意としています。

しかし、前走は苦手な高速馬場にも対応していて、
上がり32秒6を計測する鬼脚を見せました。

つまり、昨年より成長しているんですね。
今回は得意な馬場を走れるということで、
悲願の初G1も夢ではないと思います。

少しズブいところがあるということで、
馬を動かせるモレイラとのコンビは合うと思います。
あとはスムーズな競馬をしてほしいですね。
実績はかなりある馬ではありますが、
距離が不安視されてか4番人気です。
昨年は全く競馬にならなかったにもかかわらず、
評価を結構落としているんですよね。

なんとか頑張ってほしいですね。

それにしてもオッズに驚きましたよね。
ノームコアが1番人気なんて誰が予想できたでしょうか。
非常に強い馬だと思いますが、
やはりルメールが乗ることが原因ですよね。
これで負けたら1番人気を飛ばしたと言われるわけですから、
本当に大変な役回りだと思います。

それでもルメールが新記録を作るかどうか楽しみですね。



競馬ランキング

↑参考になった方はお手数ですが、クリックしていただけると、
とても励みになります。



今日のヴィクト&ルーラー産駒

昨日の京都最終レース。
推奨したダブルスプリットが3着に激走しました!
9番人気という穴馬でしたので、
ここで一気に逆転することができました。
馬券をとられた方は本当におめでとうございます。

今日は資金的な余裕がありますので、
好きな馬の産駒の馬券で遊びたいと思います。

期待の産駒が非常に多いです。


福島3R
プレゼンス
ヴィクトワールピサ産駒です。
当舞台は現級勝ち、2着1回の戦績で、
非常に得意としているコースです。
前走は距離が長すぎた印象ですね。
一度叩いた上積みがありますので、
崩れる可能性が非常に少ないと思います。



東京7R
クイーングラス
ルーラーシップ産駒です。
前走は小回りが向きませんでしたね。
前々走は上がり32秒8の鬼脚を使っていて、
時計の速い今の馬場はぴったりです。

また、非常に跳びが大きい馬ということで、
外枠を引けたのは大きいです。
問題はジョッキーです。
昨日のシスターフラッグでもジョッキーが不安と書きましたが、
案の定、少頭数でも進路が詰まっていました。

捌くのが本当に下手なジョッキーです。
さらに尻もちをつく追い方をしますので、
ルーラーシップ産駒とは全く合いません。

ここで結果を残しても二度と乗らないでほしいです。


京都7R
ブライトムーン
ルーラーシップ産駒です。
「次走注目馬」で紹介した馬です。
↑記事はこちらです。
根拠は記事に詳しく書きましたので、
調教ジャッジをしたいと思います。
栗東坂路で半マイル54秒4、ラスト1F12秒4です。
流す程度のメニューでしたね。
ただ、休養明けは全く走らない馬ですので、
たたいた上積みは確実にあります。
距離が結構心配ではありますが、
ルメールに乗り替わったことで期待したいですね。



京都9R
リオンリオン
ルーラーシップ産駒です。
新馬戦の時から特集していますね。
前走は福永Jが完璧な競馬をしました。
反応が良すぎるということがありましたので、
インで追い出しを遅らせたんですよね。
たたかれることが多いジョッキーですが、
非常にクレバーな競馬をします。
今回は内回りになることで反応の良さが活きますし、
個人的にかなり出世する器だと思っています。

ヴィクトリアピース
ヴィクトワールピサ産駒です。
こちらもデビュー前から特集している馬で、
管理人のPOG指名馬です。
その前走はかなりズブい感じでしたが、
エンジンが掛かってからの伸びは秀逸でした。
レースぶりから距離延長は確実に歓迎のタイプで、
追えるジョッキーが乗るのも良いですね。

まだまだ良化していく馬だと思います。

オールイズウェル
ルーラーシップ産駒です。
こちらも前走時に推奨した馬で、
しっかり結果を残してくれましたね。

前走時は一度はポジションを上げながらも、
4コーナーで位置が下がっていく厳しい競馬でした。
それでも再加速するスタミナを見せて、
非凡なポテンシャルを披露しました。

ジョッキーは藤岡佑Jが継続して乗ります。
管理人が日本人で最も信頼しているジョッキーですし、
調教の動きも最も良かったです。



東京11R
テトラドラクマ
ルーラーシップ産駒です。
この馬は好調教馬ですね。
美浦坂路で半マイル51秒8、ラスト1F12秒6でした。
中間から強烈な時計を連発していて、
やはり相当なスピードがあると思います。
左回りではプリモシーンと同タイムで走ったことがあり、
この舞台は最も得意としています。
ただ、同型の馬が多いのは怖いですね。
ここは応援馬券となります。


福島12R
スワーヴノートン
ルーラーシップ産駒です。
この馬は現時点では右回りが得意です。
左回りだとどうしてもモタれる面があり、
最後の一伸びがきかない印象ですね。
それでも前走は苦手の舞台で見せ場を作り、
ルーラーシップ産駒の成長力を見せつけました。
一度つかった上積みにも期待です。


京都12R
アディラート
ルーラーシップ産駒です。
Gマイルで3着の実績があることからも、
このクラスにいてはいけない馬ですよね。
どうしても気性に問題があって、
能力を発揮できないことが多いんですよね。

被されない外枠を引いたのは大きいですし、
何よりルメールが乗ることに期待です。

そろそろ勝ってほしいですよね。


昨日のプラス分しか賭けない予定です。
来週はマイルCSがありますが、
東スポ杯2歳Sも非常に楽しみです。

強烈なメンバーが揃いそうですので、
調教ジャッジを復活させるかもしれません。



競馬ランキング

↑参考になった方はお手数ですが、クリックしていただけると、
とても励みになります。



今日の注目馬

京都2R
ブラックモリオン
ルーラーシップ産駒です。
非常にパワフルなフォームですので、
ダートが向く可能性があります。
父同様に跳びが大きい馬で、
京都は合っていると思います。


東京3R
シャドウディーヴァ
前走時も推奨した馬です。
新馬戦では絶望的な位置からレースを運び、
目の覚めるような脚で迫ってきました。

前走は少し窮屈な場面があったことから、
少し追い出しが遅れてしまいましたね。
今回はルメールに乗り替わりで、
腕の違いを見せつけてくれるはずです。



福島4R
ヴァンケドミンゴ
ルーラーシップ産駒です。
前走時は完璧なレース運びでしたが、
瞬発力勝負に屈してしまいました。
全兄が皐月賞2着のサンリヴァルですので、
小回りが向く可能性がありますね。


京都7R
スーパーフェザー
「次走注目馬」で紹介した馬です。
↑記事はこちらです。
根拠は記事に詳しく書きましたので、
調教ジャッジをしたいと思います。
栗東Pで6F89秒、ラスト1F11秒9です。
間隔が詰まっているということで、
流す程度のメニューでしたね。
大きな変動はなさそうです。


東京8R
ウインシトリン
「次走注目馬」で紹介した馬です。
↑記事はこちらです。
根拠は記事に詳しく書きましたので、
調教ジャッジをしたいと思います。
南Wで5F68秒6、ラスト1F13秒7です。
しっかり長めで負荷を掛けているのは良いですね。
ジョッキーが少し心配でして、
大野Jに継続して乗ってほしかったです。

シスターフラッグ
ルーラーシップ産駒です。
前走時も推奨した馬で、
しっかり結果を出してくれました。

上がりが掛かった方が良いタイプでしたが、
成長した今なら決め手勝負も対応できるかもしれません。
ここはルーラーシップ産駒の成長力に期待です。
ジョッキーが非常に心配ですね。


福島10R
エイシンクリック
ルーラーシップ産駒です。
父の産駒にしてはピッチ気味の走法で、
ここ2走は広いコースが向きませんでした。
小回りで結果を残してきていますので、
福島が向く可能性が高いですね。



東京10R
ライラックカラー
ルーラーシップ産駒です。
デビュー前から特集してきた馬ですね。
前走は非凡な決め手を披露してくれて、
しっかり期待に応えてくれました。

以前より調教に負荷を掛けられるようになってきましたし、
距離を短縮したことで決め手が活きるようになってきました。
個人的に重賞でやれると思っている馬ですので、
ルメールを背に強い競馬をしてほしいです。



京都10R
インティ
「次走注目馬」で紹介した馬です。
↑記事はこちらです。
根拠は記事に詳しく書きましたので、
調教ジャッジをしたいと思います。
CWで5F66秒3、ラスト1F12秒3です。
間隔が詰まっているということで、
流す程度のメニューでしたね。
それでも長めで追い切れていますので、
出来落ちはなさそうです。
圧倒的人気に応えてほしいですね。


東京11R
武蔵野ステークス
ウェスタールンド
「次走注目馬」で紹介した馬です。
↑記事はこちらです。
根拠は記事に詳しく書きましたので、
調教ジャッジをしたいと思います。
栗東坂路で半マイル51秒6、ラスト1F12秒7です。
坂路主体のメニューは不安ですが、
タイムは自己ベストを計測しています。

以前より圧倒的に動けるようになっていて、
順調に成長していると思います。
前走で負けた馬がJBCで2着、
負かした相手が3着に好走しています。



京都11R
デイリー杯2歳ステークス
アドマイヤマーズ
ここは逆らいません。
前走は少しタイトな流れでしたが、
ほぼ馬なりで突き抜ける完勝劇でした。

新馬戦では新潟2歳Sの勝ち馬に勝っていて、
瞬発力勝負にも対応できています。

調教は長めで負荷を掛けていますので、
休養明けの不安は全くありませんね。



京都12R
ダブルスプリット
この馬は大穴になりそうです。
前走時も推奨しましたが、
展開が全く向きませんでした。
それでも休養を挟んだことで追走が楽になりましたし、
一度使ったことで動きが良くなってきています。
前走時より展開が向くメンバー構成で、
どさくさに紛れて突っ込んできてほしいですね。



今日は豆券がメインになりそうです。
少し忙しい日々が続いているうえに、
有料ブログも運営しているということで、
調教ジャッジも書けなくなってきています。
なんとか年内いっぱいは更新していきたいと思います。



競馬ランキング

↑参考になった方はお手数ですが、クリックしていただけると、
とても励みになります。



次走注目馬

調教ジャッジの予定でしたが、
「次走注目馬」に変更します。
ここで紹介する前に出走することが多かったので、
まずしっかり整理したいと思います。
今日も3頭紹介します。


まずは10月20日の2歳未勝利戦に出走した、
バラックバリンカです!
2着に敗れてしまいました。
レースを振り返ってみましょう。
↓緑帽の⑥の馬です。





勝ち馬が強過ぎました!!
その勝ち馬は本ブログでも推奨したブラヴァスという馬で、
カテドラルが勝った新馬戦で3着に健闘しました。

前からこの新馬戦は伝説となると書いていたように、
2、3、4、6着馬が既に勝ち上がっています。
ブラヴァスは相当強い馬だったんですね。
そんな強敵相手に一度は追い詰める場面がありましたし、
3着以下は大きく突き放しています。

次走が非常に楽しみですね。


次は10月20日の3歳上500万下に出走した、
ブライトムーンです!!
本ブログで推奨しましたが、
5着に敗れてしまいました。

レース映像がありませんでしたので、
文章で説明したいと思います。
まず、ブログの推奨記事で書いたように、
休養明けは全く走らない馬です。
今回、負けても追い掛けたい馬だと書きましたね。
そして肝心のレースなんですが、
4コーナーで完全に進路がなくなりました。
京都は4コーナー周辺に下り坂があり、
そこで惰性的にトップギアに入ります。

つまりここで不利を受けると大きなロスになります。
他の馬は一気に加速しているわけですからね。
特にルーラーシップ産駒は少しズブい面があるので、
こういうロスは命取りとなることが多いです。
全く能力を発揮できませんでしたね。
この馬は今週出走予定です。
なんとジョッキーはルメールに乗り替わりということです。
腕の違いを見せつけてくれそうですね。


最後は10月27日の3歳上500万下に出走した、
スズカメジャーです!!
6着に敗れてしまいました。
こちらもレース映像がありませんでしたので、
文章で説明したいと思います。
約8か月ぶりの実戦ではありましたけど、
仕上がりは良かったですね。

抜群の手応えで直線を迎えましたが、
前が詰まって身動きがとれませんでした。

ほぼ追えるシーンがありませんでしたので、
全く競馬になりませんでした。
ラストで前が空いた時の反応は強烈で、
伸びないインから一気に詰めてきていました。
非常にもったいないレースでした。
長期休養明けの反動がなければ買いですね。


人気馬というのはマークがきつくなるものです。
そんな人気馬に多く乗っているルメールですが、
騎乗馬がこのコーナーにほとんど登場しません。

本当にルメールはすごいジョッキーだと思います。
全レースを見返しているからこそ言えます。

今週は期待のルーラー産駒が多く出走します。
こちらのブログにも出来るだけ書くようにします。
非常にレースが楽しみですね。



競馬ランキング

↑参考になった方はお手数ですが、クリックしていただけると、
とても励みになります。



プロフィール

ロイヤル

Author:ロイヤル
競馬予想がメインです。
しかし、サラブレッドはギャンブルの道具ではなく、
競馬は馬の運動会だと思っています。
予想だけではなく、
好きなお馬さんのエピソードなども書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
QRコード
QR
PR
競馬予想のレジまぐ
リンク
Twitter
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
58位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム