天皇賞・春(2018年) 1週前調教ジャッジ

天皇賞(春)の1週前追い切りをジャッジします。
さすがステイヤーといった感じで、
僚馬に後れをとる馬が続出しています(笑)
今回もベスト5形式で発表していきます。


次点 シュヴァルグラン
CWで6F82秒5、ラスト1F12秒1です。
僚馬に遅れはとりましたが、
首を下げて真っすぐ走れています。

元々、調教駆けしないタイプですので、
この時計は合格点と言えます。
今週は後傾ラップを刻んでほしいですね。


5位 ミッキーロケット
栗東坂路で半マイル51秒5、ラスト1F13秒です。
この馬も僚馬に手応えで劣っていましたが、
前走時より走りが深くなっています。
特筆すべき点は中間のメニューですね。
音無厩舎はいまだに坂路しか消化しない厩舎ですが、
今回はコース追いを導入しています。
そのおかげでガス抜きが出来ています。


4位 スマートレイアー
CWで6F79秒5、ラスト1F12秒です。
スピード感ではずば抜けていますよね。
前半から積極的なラップで入りましたが、
しっかり僚馬に競り勝っています。
長距離レースに向けて長めの追い切りを続けていて、
スタミナ強化に努めています。



3位 ガンコ
栗東坂路で半マイル52秒7、ラスト1F12秒2です。
追った時に重心に全くブレがありませんですし、
ゴールに向けて走りが深くなっています。
何より馬体の充実ぶりが目立っていて、
本格化したのははっきり伝わります。

やはり藤岡佑Jは素晴らしいですよね。
この馬も彼が乗ってから成績が良化しました。


2位 アルバート
南Wで5F66秒1、ラスト1F13秒7です。
追える石橋Jが乗ったのは大きいですけど、
それでもこの時計は優秀です。
全く調教駆けしないタイプということで、
ここまで動いたのは初めてかもしれません。

前走時が明らかに太く見えましたので、
使った上積みも相当大きいです。


1位 サトノクロニクル
CWで6F83秒4、ラスト1F11秒5です。
池江厩舎は1週前と2週前に負荷を掛けてきますが、
今回も一杯に追い切ってきました。
ジョッキーが乗ってインを突いたのもありますが、
馬場を考えると驚異的な時計が出ています。

弾むようなフットワークで走れていますし、
さらに良化してきています。



今週の調教ジャッジは明々後日の予定です。
ぜひ、ご注目ください。

月曜日はせっかくの休日だったのですが、
一日中、吐き気と戦っていました・・・。
ストレスが原因とのことです。
「病は気から」というのは間違いないと思うので、
皆様もお気を付けくださいね。



競馬ランキング

↑参考になった方はお手数ですが、クリックしていただけると、
とても励みになります。



次走注目馬

今日は2頭紹介したいと思います。

まずは4月7日の3歳500万下に出走した、
スーパーアキラです!
6着に敗れてしまいました。
レース映像がありませんでしたので、
文章で説明したいと思います。
スタートはまずまずだったのですが、
追っても追っても全くダッシュがつかず、
道中の位置どりはポツンと最後方になってしまいました。

直線を向いても大きく置かれた形で、
この時点でノーチャンスという状態です。
というのも10番人気の逃げ馬が2着に残る展開で、
基本的に前にいないとどうにもならなかったんです。
しかし、この馬は直線でようやくエンジンがかかり、
1頭だけ別の生き物のような鬼脚を使って迫ってきました。
使った上がりはなんと35秒9。
2番目に速い馬よりも1秒も上回り、
非凡な決め手を発揮しました。
脚質的にどうしても展開面の助けが必要なので、
メンバー次第で狙いたい馬ですね。


次は4月7日の3歳未勝利戦に出走した、
フリーガーアスです!!
6着に敗れてしまいました。
この馬もレース映像がありませんでしたので、
文章で説明したいと思います。
スタートは少し出遅れ気味で、
道中で徐々にポジションを上げる形をとります。

この時点で足を使うことになりましたが、
抜群の手応えで直線を迎えます。
しかし、完全に進路がカットされてしまい、
常に進路を探しながらレースが進んだことで、
ほとんど満足に追えていないんですよね。

それでも勝ち馬とそんなに差がありませんので、
次走では期待できると思います。
注目したい馬ですね。



昨日のフローラS
ツイッターにて呟きましたが、
パイオニアバイオの応援馬券を買いました。
・・・なんと13番人気で2着と激走してくれました!
やはりルーラーシップ産駒の成長力は強烈です!
予想した馬は馬群でもがいていましたが、
パイオニアバイオに救われた一日となりました。
ただ、以前から書いているように、
勝負レース以外は豆券が基本です。
土曜日のミッキーバードは給料一か月分くらいゲットしましたが、
昨日はその10分の1くらいの払い戻しです。

豆券ですと3連単とらないとダメですね。

最近、完全に穴党となっています。
重賞はそんなに得意ではなかったのですが、
なんと3週連続で万馬券ゲットしました。
馬連しかとれていませんが、
それぞれの軸馬は、

4月7日阪神牝馬S
レッドアヴァンセ→2着(11番人気)
4月15日皐月賞
サンリヴァル→2着(9番人気)
4月22日フローラS
パイオニアバイオ→2着(13番人気)

こんな感じで穴馬ばかりでしたので、
全て万馬券をゲットすることが出来ました。
ブログの初期は穴馬ばかり特集していて、
昔に戻った感じがします。

来週は天皇賞があります。
長距離レース恒例の、
「血統ジャッジ」も書くかもしれません。
ただ、個人的には香港のレースが楽しみです。
当然、日本馬に頑張ってほしいですが、
旨味を持った香港馬を探したいところです。
来週は中国人になります(笑)



競馬ランキング

↑参考になった方はお手数ですが、クリックしていただけると、
とても励みになります。



マイラーズカップ(2018年) 調教ジャッジ

マイラーズCの追い切りをジャッジします。
例年通り、高速馬場となっていますので、
その点を重視して診断していきます。


まずはエアスピネルです。
栗東坂路で半マイル54秒1、ラスト1F12秒4です。
ラストの脚力はさすがといった感じです。
ただ、1週前は僚馬に後れをとっていましたし、
今週も前半からのラップは消極的でした。
メイチとは言えない状態ではありますが、
力は出せると思います。
Aジャッジです。

次はカデナです。
栗東坂路で半マイル56秒1、ラスト1F12秒7です。
徐々にこの馬の走りが戻ってきていますが、
結構、馬場に脚をとられていました。
高速馬場の京都は良いと思います。
Bジャッジです。

次はガリバルディです。
変則的なメニューを消化しました。
12日の時計が強烈で楽しみにしていましたが、
当週はセーブ気味の内容でした。
Bジャッジです。

次はグァンチャーレです。
栗東坂路で半マイル52秒4、ラスト1F12秒1です。
この馬は調教駆けするタイプですので、
今回も活気のある走りを見せてくれました。
もう少し完歩が大きくなるのが理想ですけど、
安定感のあるフットワークでした。
Aジャッジです。

次はサングレーザーです。
栗東坂路で半マイル56秒9、ラスト1F13秒1です。
中間から速い時計がありませんが、
その分、本数を消化しています。
いかにもディープ産駒といったフットワークで、
素軽い動きを見せていました。
Aジャッジです。

次はダッシングブレイズです。
CWで6F83秒1、ラスト1F12秒1です。
僚馬に後れをとる形となりましたが、
ズブさがなくなってきています。
馬に落ち着きがあるのが良いですね。
Bジャッジです。

次はテイエムイナズマです。
栗東坂路で半マイル56秒4、ラスト1F13秒1です。
長期休養明けということなので、
軽めの追い切りを多く消化しています。
その分、高速馬場への対応は難しそうです。
Cジャッジです。

次はブラックムーンです。
CWで6F83秒4、ラスト1F12秒1です。
実戦形式のメニューを消化していて、
大外から僚馬を一気に差し切っています。
1週前に速い時計で長めを消化していますし、
休み明けの不安は全くありません。
A+というジャッジです。

次はベルキャニオンです。
南Wで半マイル52秒5、ラスト1F12秒5です。
抑えきれない手応えでしたし、
中間から好タイムを連発しています。
フットワークに迫力が出てきていて、
人気以上の好走が出来そうです。
Aジャッジです。

次はモズアスコットです。
栗東坂路で半マイル51秒2、ラスト1F12秒6です。
前半から積極的なラップで入りましたが、
最後まで全く脚色が衰えていません。
1週前にも馬なりで速い時計を計測していて、
京都の高速馬場への対応は完璧です。
不安な点は全くありません。
A+というジャッジです。

次はヤングマンパワーです。
CWで6F81秒8、ラスト1F11秒9です。
栗東滞在をずっと続けていて、
徹底的にコース追いを消化しています。
首の高いフォームはどうしても気になりますが、
確実に調子を上げてきています。
内枠を引いたのは怖い1頭ですね。
Aジャッジです。

最後はロジクライです。
栗東坂路で半マイル53秒3、ラスト1F12秒4です。
馬場がかなり荒れていましたが、
全く気にしない豪快な動きを見せました。
1週前にも馬なりで半マイル50秒台を計測していて、
軽い馬場への対応が出来ています。
充実ぶりがうかがえます。
A+というジャッジです。

評価はS→A+→A→B→Cの順です。


ツイッターでの情報になりましたが、
土曜競馬には大注目のレースがありました!
東京6Rに出走した、
ミッキーバードです!!
ツイッターにて額を上げると宣言した通り、
今回も相当な勝負を仕掛けました!

直線で少し詰まり気味でドキドキしましたが、
期待した通りの完勝劇でした!
強烈な払い戻しをゲットしました。
大注目のヴィクトくん産駒ということで、
喜びも倍増しました。

年間トータルプラス収支を達成するためには、
やはり勝負レースの設定は必要不可欠です。

何度も書いていることにはなりますが、
管理人はこの方法で数年達成してきました。
もっと馬券上手な方には笑われるかもしれませんが、
このやり方しか思い浮かびません・・・。


昨日は他にも推奨馬が活躍してくれました。
こちらは豆券なのでたいして儲かっていません(笑)

コメントにて大勝負記事のリクエストがありましたので、
次はブログでの発表にする予定です。

・・・それまでブログが続いていればの話ですが。

フローラSとマイラーズCを賭ける場合には、
ツイッターで呟く形となりそうです。

皆様も素敵な休日にしてくださいね。



競馬ランキング

↑参考になった方はお手数ですが、クリックしていただけると、
とても励みになります。



福島牝馬ステークス(2018年) 調教ジャッジ

福島牝馬Sの追い切りをジャッジします。
このレースも賭けない可能性がありますが、
穴馬も動きが良かったですね。
阪神牝馬S、皐月賞と大穴を当てているので、
完全に調子に乗っています(笑)


まずはカワキタエンカです。
栗東坂路で半マイル57秒8、ラスト1F12秒8です。
かなりフラフラしていましたが、
ラストは力強いフットワークになっていました。
好調をキープしています。
Aジャッジです。

次はキンショーユキヒメです。
CWで6F82秒3、ラスト1F12秒です。
時計自体は特筆するものではありませんが、
非常にパワフルな走りを見せていました。
今の福島にマッチしそうな感じがしますね、
手前を替えてからの伸びも強烈で、
状態は太鼓判を押すことが出来ます。
A+というジャッジです。

次はゲッカコウです。
南Wで5F69秒4、ラスト1F12秒9です。
かなり手綱を引っ張り気味でしたので、
追ったら伸びそうな気配でした。
前走時より良化していますね。
Aジャッジです。

次はサルサディオーネです。
栗東Pで6F81秒、ラスト1F11秒9です。
久々の芝挑戦ということで、
ポリトラックを選択したのは良いですね。
迫力はそんなにありませんでしたが、
素軽い動きを見せていました。
Bジャッジです。

次はデンコウアンジュです。
栗東坂路で半マイル54秒6、ラスト1F12秒7です。
一度叩いたことで素軽さが戻り、
良い頃の状態になってきました。
時計を要する馬場も問題にせず、
真っすぐ走れていたと思います。
Aジャッジです。

次はトーセンビクトリーです。
栗東坂路で半マイル53秒、ラスト1F12秒8です。
さすがにキレ味は鈍ってしまいましたが、
角居厩舎にしては攻めた追い切りをしています。
ここを照準に仕上がっていますね。
Aジャッジです。

次はノットフォーマルです。
南Pで半マイル54秒5、ラスト1F12秒3です。
この馬は調教駆けするタイプなので、
軽快なフットワークに駆け抜けました。
ただ、中間からの負荷がもう一つで、
大変身とまでは期待できそうもありません。
Bジャッジです。

次はブラックオニキスです。
南Wで6F84秒6、ラスト1F12秒6です。
前半から積極的なラップで入りましたが、
僚馬を馬なりで置き去りにしました。
非常に力強いフットワークでしたので、
今の福島は合いそうですね。
A+というジャッジです。

次はベアインマインドです。
南Wで半マイル54秒2、ラスト1F13秒2です。
抑えきれない手応えでしたし、
馬なりで僚馬に先着しています。
今週の動き自体は完璧に近いですが、
休養明けにしては負荷が少し足りないです。
Bジャッジです。

次はレイホーロマンスです。
栗東坂路で半マイル55秒、ラスト1F12秒4です。
1週前に長めで速い時計を出していますし、
今週も楽に後傾ラップを刻んでいます。
脚を高く上げるタイプですので、
時計が掛かる馬場も問題ありませんね。
A+というジャッジです。

次はロッカフラベイビーです。
南Wで5F69秒9、ラスト1F13秒5です。
徹底的に長めのコース追いを消化しているので、
休養明けの心配はなさそうです。
1週ごとに良い頃の状態に戻ってきています。
Bジャッジです。

最後はワンブレスアウェイです。
南Wで5F68秒1、ラスト1F12秒9です。
中間から圧倒的なパフォーマンスを見せていて、
今週も強烈な推進力を披露しています。
首がぐっと下がって加速していましたし、
前走時からの上積みは大きそうです。
A+というジャッジです。



競馬ランキング

↑参考になった方はお手数ですが、クリックしていただけると、
とても励みになります。



フローラステークス(2018年) 調教ジャッジ

フローラSの追い切りをチェックしました。
個人的には賭けないかもしれませんが、
調教のニーズが最もあるということで、
調教ジャッジをしていきたいと思います。
映像がある馬だけジャッジします。


まずはアストラサンタンです。
南Wで5F69秒、ラスト1F13秒1です。
コンスタントに使ってきている馬ですが、
長めの追い切りを続けているのは良いですね。
Bジャッジです。

次はヴェロニカグレースです。
南Wで5F67秒7、ラスト1F13秒です。
深い走りをするタイプですので、
東京への舞台替わりは良さそうです。
前半から速いラップを刻んでいますし、
負荷もしっかり掛かっていますね。
全く人気はないと思いますが、
状態の良さは目立ちます。
A+というジャッジです。

次はウスベニノキミです。
栗東坂路で半マイル56秒7、ラスト1F12秒8です。
少し馬場に脚をとられるところはありましたが、
脚の回転力は迫力がありました。
何度かブログで推奨したことがある馬ですね。
Aジャッジです。

次はオハナです。
南Wで半マイル53秒8、ラスト1F12秒7です。
1週前に長めで速い時計を出しているので、
当週は軽めのメニューにしています。
牝馬の場合、強めで追うとテンションが上がりやすく、
当週はそこまで強めにやらない方が良いです。
Aジャッジです。

次はサトノワルキューレです。
栗東坂路で半マイル53秒2、ラスト1F12秒6です。
しっかり外を通っていますし、
馬なりでこの時計はかなり優秀です。
フットワークに全く乱れがなくなっているので、
以前のようなひ弱さがなくなっています。
A+というジャッジです。

次はサラキアです。
CWで6F85秒4、ラスト1F12秒です。
1週前に続いて長めを消化しているので、
馬体面の心配はなさそうです。
ディープ産駒らしいフットワークをしていて、
距離の不安はないと思います。
A+というジャッジです。

次はディアジラソルです。
南Wで5F71秒、ラスト1F12秒9です。
手綱を抑えるほどのスピードがあり、
手応えで僚馬を圧倒していました。
少しピッチが速いタイプですので、
距離延長は微妙なところです。
Bジャッジです。

次はデュッセルドルフです。
南Wで半マイル55秒1、ラスト1F12秒9です。
しっかり大外を通ったのは良いですね。
ただ、中間から徹底的に半マイルが続いているので、
距離延長に対応したメニューはこなしていません。
Bジャッジです。

次はノームコアです。
南Wで5F68秒9、ラスト1F13秒です。
四肢の連動性が非常にスムーズで、
体全体を使ったフットワークをしていますね。
ゴールに向けて走りに力強さが出てきて、
負荷の面でも強調できます。
Aジャッジです。

次はパイオニアバイオです。
南Wで5F70秒3、ラスト1F13秒2です。
この馬は何度も推奨してきた馬ですね。
さすがに使い過ぎだと思いますので、
長めの追い切りをしたのは驚きました。
父同様に跳びが大きいタイプで、
府中は合っていると思います。
Aジャッジです。

次はハイヒールです。
栗東坂路で半マイル54秒6、ラスト1F13秒2です。
この馬は豪快なフットワークをしているので、
今回のレース選択は正しいと思います。
馬場が悪くても全く動じないパワーがありますし、
充実してきていますね。
能力面ではかなり評価が低いですが、
個人的になぜか気になる馬です。
Aジャッジです。

次はファストライフです。
南Wで6F83秒、ラスト1F13秒1です。
この馬は調教駆けするタイプで、
今回も迫力のある動きを見せてくれましたね。
大きな変化は感じませんでしたが、
出来落ちというのはありません。
Bジャッジです。

次はラブラブラブです。
南Wで半マイル54秒4、ラスト1F13秒5です。
非常に素軽い脚捌きをしていましたし、
落ち着いて走れていたのが良いですね。
手前の替え方もスムーズでしたし、
ポテンシャルの高さを感じました。
A+というジャッジです。

次はレッドベルローズです。
南Wで5F68秒2、ラスト1F13秒です。
抑えきれない手応えがありましたし、
最後まで迫力満点のフットワークでした。
ポテンシャルの高さを感じました。
Aジャッジです。

評価はS→A+→A→B→Cの順です。



競馬ランキング

↑参考になった方はお手数ですが、クリックしていただけると、
とても励みになります。



プロフィール

ロイヤル

Author:ロイヤル
競馬予想がメインです。
しかし、サラブレッドはギャンブルの道具ではなく、
競馬は馬の運動会だと思っています。
予想だけではなく、
好きなお馬さんのエピソードなども書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
QRコード
QR
PR
競馬予想のレジまぐ
リンク
Twitter
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
50位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム